MENU

銀行の審査ってどうなの?

どうしてもお金が必要になったら、皆さんはどうしますか?

 

手元にも銀行にもお金がないなら、どこからかお金を借りなくてはなりません。
そんな時には、金利の安い銀行のローンを利用したいものです。

 

銀行からお金を借りることができれば、低金利なので長期的にお金を借りても大きな負担にはなりません。ところが、銀行でお金を借りるためには必ず審査に通過しなくてはなりません。審査に通過できなければ、どんなにお金を借りたくても借りることはでません。

 

では銀行のローンの審査とは一体どのようなものなのでしょうか?

 

銀行のローンの審査について

まず、審査ではどんなことを調査されるのか、皆さんご存知ですか。

 

審査の大まかな内容は……

 

申し込み書などを含めた書類の提出→仮審査→本審査

 

となっています。

 

申込み書などの書類は審査の中での最初のハードルともいえます。

 

書類の内容に間違いがあったり、不備が見つかった時点で、最悪の場合審査落ちとなることも十分あり得ます。ですから、書類は提出の前に十分確認しておきましょう。

 

なお、仮審査の結果は本審査の結果に大きく影響を及ぼすといわれています。
ですので、仮審査に通過した場合には本審査の通過も十分期待できるでしょう。

 

銀行のローンの審査項目

審査の項目は借り入れたいローンの種類や銀行によって異なります。
しかし、大まかには次のようなことについての調査が行われるようです。

 

申込人の属性

この審査においては、簡単にいうと申込人に返済能力があるかどうか、さらに、素性や社会関係などについて検討されます。

 

この属性を見ることによって、貸したお金がきちんと返ってくるかどうかを見極めるのです。従って、所得の把握も重要です。

 

さらに所得ではその額だけでなく、「安定性」が重要な要素となります。
ですから、場合のよっては給与所得者の方が、事業所得者よりも有利になることもある、ということです。

 

計画の妥当性

ローンを組むには必ずその目的がありますよね。

 

例えば、住宅ローンの場合。

  • 購入する住宅が申込人に適しているものであるかどうかを見極めます。
  • また、その家が貸し出すお金の価値に値しているかどうかなども検討します。

 

身の丈に合っていない住宅であったり、その家が明らかに購入価格に合っていなかれば、お金を貸す意味がないですからね。

 

担保の妥当性

特に高額のローンを組む場合、担保の設置を求められることもあります。
もし、申込人が何らかの理由でお金を返済できなくなった時には、担保からお金を取り戻す形になります。

 

従って、貸したお金の返金に充てる価値が、その担保にあるのかどうかなどを判断することになります。