MENU

銀行のローンの審査時間が気になる?!

一口に銀行のローンといっても、いろいろあります。
中でも、住宅ローンや教育ローンなどの大型ローンの場合には何千万単位での多額の融資を受けるになります。従って、その融資審査には慎重になり、それなりの時間を要すします。

 

では実際には、どのくらいの審査時間がかかるのでしょうか?

 

銀行ローンの審査期間について

銀行ローンにおける審査のみにかかる日数なら早くて2〜3日で、遅くとも10日くらいで結果は出るといわれています。しかし、実際に融資を申し込んでから実行されるまでの期間は、1週間から1ヶ月程度となっているようです。

 

これは、各金融機関やローンの種類などによって異なりますが、申し込んだからといってすぐに融資を受けることができるというわけではありませんので、余裕を持った申込が必要です。

 

銀行の融資を早く受けるには?!

銀行融資では、融資申込が終わってから実行されるまでの期間がどれくらいかかるのかは、非常に重要です。

 

では、なぜ融資までに時間がかかるのか?
それは審査が難航するからです。

 

審査機関が短いということは、それだけ銀行にとって融資しやすい案件だ、ということになります。

 

銀行が融資をしやすいかどうかを見極めるためのポイントは、以下の3つです。

  1. 融資申込の経緯
  2. 信用状態(財務状態や定性的なもの)
  3. 資金の使い道(運転資金・設備資金・投融資等)

これらの項目に関して、クリアしていればスムーズに融資を受けることができるということになるのです。

 

住宅ローンもスムーズに受けよう!

また、特に住宅ローンの審査で重要なのが個人の属性です。
この場合の属性とは、申込人の社会的地位や職業、年収などのことを指します。

 

属性を確認することによって、申込人の返済能力の有無などを確認します。
これを判断する基準としては、安定性が重要視されます。となると、給与所得者は事業所得者よりも収入の安定性が高いと判断さる傾向にあるため、審査に通過しやすくなっています。

 

もちろん、年収は多いほうがよいでしょうが、、ローンの返済には毎月安定した所得を得られるという確証が必要です。ですから、多少年収が少なくても安定した収入があり、返済負担率に問題がなければローンを組むことは十分可能です。

 

ちなみに契約社員やアルバイトやパート勤めである場合、収入の安定性は低いとみなされるので審査の通過は難しいでしょう。