MENU

消費者金融と銀行のメリットとデメリットが知りたい!

お金を借りたい、と思ったその時にお金を借りることができるサービスは便利です。

 

その代表的なものが、消費者金融のキャッシングローンや銀行のカードローンです。
これらのローンはよく似ているといわれますが、比べるとそれぞれ特徴となるメリットとデメリットがあります。

 

こうした情報をよく知っておくと、いざお金を借りたいとなった時に必ず役に立ちます。
では、以下にそれぞれのメリットとデメリットをまとめてみました。

 

消費者金融のキャッシングローンの特徴

メリット

消費者金融のキャッシングローンのメリットは、やはりそのスピーディーなサービスです。

 

消費者金融といえば、即日融資。
審査の業界最短時間は30分です。

 

無人契約機で申込をし、1時間と経たないうちに審査の結果が出てくるのですから驚きでよね。
こんなに速く審査が済んでしまうのですから、申し込んだその日に融資を受けることができるというわけです。

 

どうしてもお金が必要な時には、少しでも早く現金を用意したいところですね。
そんな時には、消費者金融の即日融資を利用しましょう。

 

デメリット

一方、消費者金融のキャッシングローンのデメリットは金利が高めであることです。

 

消費者金融には資本がありません。
従って、早期の返済を求め、高めの金利設定となってしまうわけです。

 

ですから、多額の借金を長期に渡って借りたいという方には、消費者金融のキャッシングローンは向いていないということがいえます。

 

銀行のカードローンの特徴

メリット

銀行のカードローンのメリットは低金利で多額の借入ができる、ということです。

 

銀行のカードローンはもちろん銀行のローンの一つです。
ですので、当然銀行の低金利での借入が可能となっています。

 

また、2006年から総量規制が開始され、個人の借入総額に制限が課せられるようになりました。これによって、消費者金融での多額の借金は法律上不可能になってしまったのです。

 

ところが、銀行のローンは全て、総量規制の対象外になっています。
もちろん、カードローンの例外なく規制対象外となっているため、多額の借入も可能なのです。

 

デメリット

銀行のカードローンのデメリットは審査に時間が掛かり、通過が難しいことです。

 

銀行のローンは低金利、高額の借入ができることが魅力ではありますが、その分審査が慎重になります。ですから、審査には当然時間が掛かり、今すぐにお金の工面が必要な時の利用には不向きです。

 

さらに、審査のハードルも高めになっているため、通過が難しいのが現状です。